Press Syncでの予約投稿にはコツがあった!下書きを編集するときは要注意!

Press Syncで予約投稿するときはコツがある!

するぷろで下書きした記事をPress Syncで予約投稿したのに気づいたら即時投稿されてる!?

そんな悩みがとうとう解決しました!

コツは「下書き時に投稿時間もセットする」です。

Press Syncで予約投稿できるとき、できないとき

Press Syncで予約投稿しても即公開されてしまう問題が解決してスッキリしてます。よっひー(@yosiakatsuki)です。

先日参加した15会でPress Syncの開発者である(@aroooy)さんとお話したらすぐに予約投稿に関する悩みが解決しました。

別アプリで下書きした投稿の投稿時間は編集しても反映されない

「Press Syncで予約投稿できない問題」は別アプリで下書きをして、Press Syncで仕上げ→投稿というモブログスタイルの方に起こり得る現象のようです。

僕は「するぷろ」で下書きした後、Press Syncでタグの設定とプレビューをして投稿するスタイル。

ただ、この方法だと、Press Syncで投稿時間を指定して予約投稿しても、セットした投稿時間は反映されずに即時公開されてしまうのです。

Press Syncで新規作成した投稿は投稿時間を指定できる!

「別アプリで下書き→Press Syncで予約投稿」は投稿時間がうまく反映されませんが、最初からPress Syncで書いた投稿は予約投稿ができます!

なんで「できる・できない」というパターンがあるのか…

それはPress SyncからWordPressに記事をアップするときの裏側の話になるので「そういうものだ」と思っていた方が良さそうです。(APIの仕様によるものだそうです)

とはいえ、諦めるのはまだ早い!

ちょっとしたコツさえつかめば、別アプリで下書きした投稿でも予約投稿できちゃいます!

Press Syncで予約投稿するときのコツ!

下書きするときに投稿時間をセットしておく!

僕のモブログスタイルである「するぷろ」で下書き→「Press Sync」で仕上げを例に説明すると、「するぷろ」で下書き投稿する時に投稿時間をセットしてしまいます!

下書きするときに、投稿時間もセットしてしまう

コツとしてはたったこれだけです!

Press Syncでは「予約投稿」として認識される!

投稿時間をセットして下書きした記事をPress Syncで見てみると…

ステータスが予約済みになっている!

ステータスが「予約済み」になっています!

この状態になっていれば、セットしていた時間に予約投稿できました!

まとめ

ブラウザで編集という方法もありますが、iPhoneでWordPressの管理画面いじるのはちょっと面倒なのであまりおすすめはしたくないです…

予約投稿したいときはPress Syncで編集する前に投稿時間をセットしておくと、いうことを肝に銘じておきます!

登場したアプリ

Press Sync

するぷろ

よっしーのひとこと

よっひー

よくよく考えたら「下書き投稿する時に予約時間セットしたら下書きじゃなくてもいいんじゃないか?」って感じですが、気にしない気にしない…

もし、僕と同じお悩みを持っていたらぜひ参考にしていただけたらと思います。

ではまた。