何コレ便利!SylfeedからスワイプだけでPocketに送る知っ得設定!

SylfeedからPocketへスワイプだけで投稿する設定が便利!

連携サービスが豊富なところが嬉しいSylfeedですが、簡単に「後で読む」操作ができるところも魅力の一つです。

なかでも記事一覧からスワイプだけでPocketに送る設定をしておくと、「後で読む」が捗ること間違いなしです!

スワイプだけでPocketに送る便利設定

記事は基本的にPocketのウェブビューで見ています。よっひー(@yosiakatsuki)です。

連携サービスが豊富なSylfeedですが、「あとで読む」操作のシンプルさも素敵な機能の一つです!

記事一覧からスワイプ一発でPocketに送れる設定をしておくと「後で読む」が捗ること間違いなし!

「後で読む方法」設定で直接Pocketに送る

メニューの後で読む設定をPocketに変更

スワイプだけでSylfeedからPocketに送るためには、まず、設定画面から「後で読む方法」を変更します。

後で読むをPocketに変更する

デフォルトだと「スター」になってると思いますので、これを「Pocket」に変更します。

Pocketのアカウント連携を済ませておく

Pocketアカウントを有効にしていない場合は、設定の「外部サービス」からアカウントを有効しておいてください。

「後で読む操作」でスワイプ方向を設定

後で読む操作を設定する

「後で読む方法」が設定できたら、「後で読む操作」でスワイプの方向を設定します。

記事を後で読む操作で設定した方向にスワイプするだけでPocketに投稿できる

あとは記事一覧からPocketに送りたい記事を設定した方向にスワイプしていくだけ!

たったこれだけで簡単にPocketへ送ることができるようになりました!

EvernoteによくWEBクリップするならPocketで記事を読もう!

Sylfeedで直接記事を読むより手間がかかりますが、EvernoteによくWEBクリップをするなら一度Pocketに送ることをおすすめします。

PocketからEvernoteにWEBクリップをすると、サイト内の余分なエリアを省いて記事部分だけをきれいにクリップしてくれます!

Sylfeed程便利ではないですが、PocketからでもTwitterやBufferへシェアできるので、「読んだらシェアする」方でも十分使えると思います!

よっしーのひとこと

よっひー

Sylfeedのマルチポストが便利すぎるのでなかなか運用方法が定まらないのですが、EvernoteへのWEBクリップに重点を置くなら一度Pocketに送ったほうがいい感じです。

他のブロガーさんのインプット方法を参考にしつつ、自分に合った運用方法を探していきます。

ではまた。