Google AnalyticsでPageSpeed Insightsの結果を10ページずつ確認する方法!

PageSpeed Insightsのスコアをまとめて確認する方法

ブログの表示高速化の指標となる「PageSpeed Insights」のスコア

今まで僕は1ページずつURLを打ち込んでスコアを確認していましたが、実はGoogle Analyticsのレポートで10件ずつまとめてスコアを確認することが出来ました!

1ページずつURLを入力していたあの苦労はなんだったんだ…

Google Analyticsで「速度の提案」を10件まとめて表示!

PageSpeed Insightsの結果が軒並み40点を下回り、涙目のよっひー(@yosiakatsuki)です。

ブログの表示高速化対策の指標となる「PageSpeed Insights」のスコアはGoogle Analyticsを使えば10件ずつ見ることが出来ます。

もう何回もURLを打ち直す手間はおさらばです!

「速度の提案」レポートでPageSpeed Insightsのスコアをまとめて表示

Google Analyticsの「速度の提案」レポートを使えば、10件ずつですがPageSpeed Insightsのスコアをまとめて確認することが出来ます!

速度の提案レポートは行動メニューの中にある

「速度の提案」レポートは[行動]-[速度の提案]を選んで表示します。

ページビュー数順にPageSpeed Insightsのスコアを表示できる

レポートを表示すると、ページビュー数順に「PageSpeed スコア」や「PageSpeed の提案」の数を10件ずつ表示することが出来ます。

他のレポートだと、表示件数を選択することが出来ますが、このレポートでは10件以外は選択できないようです。

1クリックで「PageSpeed の提案」も表示出来る

1クリックで「PageSpeed の提案」も表示出来る

「PageSpeed の提案」列に表示されている矢印のアイコンをクリックすると、別ウインドウでPageSpeed Insightsのページを表示することが出来ます。

まずは「速度の提案」レポートでスコアを確認しつつ、PageSpeed Insightsへのリンクを使って具体的な対策を確認していきましょう。

ブログの表示速度高速化につなげよう!

ユーザーにとってサクサク表示されて快適なページを提供する為にも定期的にPageSpeed Insightsの結果を確認したいところ…

かといって、何回もPageSpeed InsightsでURLを打ち直すのは面倒なので、Google Analyticsでまとめて確認するのが便利です!

レポートの表示順序が「ページビュー数」順になっていると思いますので、まずはよく見られているページから順に表示高速化していきましょう!

よっしーのひとこと

よっひー

「定期的」な確認は本当に重要です…

最後に見た時(半年くらい前)は70点くらいだったので安心していたらいつの間にか40点以下続出でした…

モバイル対応と合わせて高速化にもとりかからなければ…

ではまた。