写真全体をぼかしたい!無料iPhoneアプリ「PicsArt」でぼかし加工が捗る

写真全体をぼかしたい!無料iPhoneアプリ「PicsArt」でぼかし加工が捗る

時々無性に画像全体をぼかしたい時。あるじゃないですか

いやいや、「時々無性に」は冗談として、僕は普段iPhoneでブログを書く際、この記事の先頭の画像のように、撮った写真やスクリーンショット全体をぼかしたい時があるのです。(できれば無料で)

今回は、カメラで撮った写真や、自分で作成した画像全体を簡単にぼかせるiPhoneアプリを見つけましたのでそのアプリについてお話したいと思います。

写真全体をぼかし加工できるiPhoneアプリ「PicsArt」

アプリの紹介記事を書くときの画像ぼかし率は高め。よっひー(@yosiakatsuki)です。

今まで、1点にフォーカスしてまわりをぼかすような加工ができる無料のアプリ使ったり、なぞったとこだけぼかすアプリは持っていたのですが、画像全体をサクッとぼかせるアプリは持っていませんでした。

最近またモブログ熱が再燃してきたので「やっぱり簡単に画像をぼかせるアプリが欲しい」と思って調べてみたら、「PicsArt」というアプリがなかなかいい感じだったので紹介したいと思います!

「PicsArt」で写真全体をぼかす方法

PicsArtで画像全体をぼかしてみる

「PicsArt」は画像をぼかす為のアプリではなく、切り抜きやリサイズ、クリップアートや吹き出しの挿入もできるマルチな画像編集アプリです。

多機能すぎて全部を説明するのは大変なので、今回は画像をぼかす為の手順について説明します。

ぼかし加工をしたい写真の選択

画面下中央の鉛筆マークから編集開始

まずアプリを起動すると「ここから始めるよ」的な感じで画面下中央の鉛筆マークを押すように言われるので、鉛筆マークをタップします。

編集方法を聞かれるので「編集」をタップ

すると、どんな編集をするのか選択肢が表示されるので、今回は「編集」を選びます。

編集する画像を選ぶ

続いて、編集する画像を選びます。

今回は例として2016年の年始にチャレンジした「新春たなくじ」の写真をぼかしてみたいと思います。

縁起物なのに…

ブラーエフェクトでぼかしをかける

編集する写真を選択したら、ブラーエフェクトで画像全体をぼかしていきます。

エフェクトメニューからブラーを選んでぼかし加工をしていきます

編集メニューが表示されたら「エフェクト」というメニュを選択し、左側に表示されるメニューから「ブラー」を選択します。

ぼかしの方法は「ブラー」を選んでおけばOK

すると、画面の下の方にぼかし方を選べる選択肢が表示されます。

いろいろなぼかし方が出来ますが、特にこだわりがなければ「ブラー」を選択しておけばOKです。

(他の効果については実際にアプリを使ってみていろいろ試してみてください)

歯車アイコンからぼかしの強さを調節できる!

ぼかしの強さは編集したい画像の下中央に表示されている歯車マークをタップすると、強さを調整できるスライダーが表示されます。

右上のチェックを押して編集完了

編集が完了したら右上のチェックマークをタップして完了です!

ぼかし加工した写真を保存

画面上部中央のアイコンから写真を保存

加工した画像は画面上中央のアイコンをタップするとカメラロールに保存することが出来ます。

写真の保存以外にも、SNSへの投稿などにも対応している

そのほか、保存アイコンの右横にあるシェアアイコンをタップすると、SNSなどのいろいろなWEBサービスでシェアすることが出来ます!

完成

PicsArtで画像全体をぼかしてみる

バッチリ画像全体をぼかすことが出来ました!

「画像全体をぼかす」ってそれほど活躍する場はないのですが、いざやろうと思うとちょっと手間だったり…

「PicsArt」なら比較的簡単に画像全体をぼかすことができるので、今後アプリの紹介記事を書くときなどに役に立ちそうです!

よっしーのひとこと

よっひー

やりたいことができるアプリに出会ったのですが、ちょっと手順が多くて面倒…

もっと簡単なアプリありませんか?起動して→写真選んで→ハイ!ぼかし完了!みたいな…

あったら教えて下さい。

ではまた。