底に溜まる荷物もスッキリ!リヒトラブのバッグインバッグでリュックの中が最高に綺麗

底に溜まる荷物もスッキリ!リヒトラブのバッグインバッグでリュックの中が最高に綺麗

取りたいものがサッと取れるようになるバッグインバッグ。神ですわ

2015年からマンハッタンポーテージのリュックを愛用しているのですが…

リュックってどうしても底に荷物が溜まってしまう宿命なんですかね…

ということで、もう少しリュックの中を綺麗にしたくて購入したリヒトラブの「SMART FIT ACTACT バッグインバッグ(タテ型)」がいい感じです!

リュックの底に荷物溜まる問題解決!バッグインバッグ最高!

スーツでもリュックで通勤したい。よっひー(@yosiakatsuki)です。

普段メインでリュックを使っているのですが、最近、こまごましたアイテムが増えてきて、リュックから荷物が取りづらくなりました…

特にリュックだと、底の方は隙間なく荷物が入っていてこれ以上入らないのに、リュックの上の方はまだまだ余裕…

結構なデッドスペースができちゃってるなぁ…ということでA4で縦型のバッグインバッグで収納スペースを増やしてみました!

今回購入したのはリヒトラブの「SMART FIT ACTACT バッグインバッグ(タテ型)」

バッグインバッグの使用前後のリュックの中の変化と、「SMART FIT ACTACT バッグインバッグ」の使用感について紹介します!

バッグインバッグ使用Before・After

バッグインバッグ使用前のリュックは底にいろいろと溜まりがち

まずはバッグインバッグ使用前のリュックの中です。

Fenderのメガネケースやジブン手帳サイズのトラベラーズノートやMacBook Airの充電器と巻取り式USBマウスの入ったポーチなど…

とにかく色んな物がリュックの底に溜まってしまい、大変なことになるんです。(上の写真は一応撮影用に整えています…)

バッグインバッグを使うとびっくりするほどリュックがスッキリ

それが、今回買ったバッグインバッグを使うとこんなにも綺麗に整頓できました!

タンブラーとメガネケースは今までどおり、リュックに直に収納する形になりましたが、他の細々したものはバッグインバッグのポケットに収まってくれました!

リヒトラブ「SMART FIT ACTACT バッグインバッグ(タテ型)」詳細レビュー

リヒトラブのバッグインバッグA4縦型

メインのポケットは2辺が大きく開いて出し入れしやすい

メインポケットは上と右が開いて出し入れしやすい

A4サイズの書類が入るメインのポケットは上部と右側がファスナーで開くようになっていて、書類やノートPC、タブレットなどを出し入れしやすい構造になっています。

起毛ポケットが優しくデバイスを包んでくれる

さらに、メインポケット内には起毛生地ポケットがあり、画面がむき出しになるタブレットなどを入れても傷などからガードしてくれそうです。

MacBook Air 13インチもバッチリ入る!

MacBook Air 13インチもバッチリ入ります

バッグインバッグを買うにあたって、一番大事なポイントだったのはメインで使っているMacBook Air 13インチが入るかどうか!

「A4サイズが入れば大丈夫だろう」とは思っていたものの、こうやって実際に入れてみるまではドキドキしました。

起毛ポケットにも収まるので書類との住み分けもしやすい

メインの大きいポケットはもちろん、ちょっとサイズの小さい起毛生地ポケットにも収まってくれました。

外側には5つのポケットとペンホルダー

ポケットは外側に大小2つずつとペンホルダー1つ

バッグインバッグで気になるところといえばポケットですよね。

「SMART FIT ACTACT バッグインバッグ(タテ型)」には前側に小さなポケットが上部に2つとペンホルダーが1つ、そのポケット3つを覆うように幅広のメッシュポケットが1つ、その下に一番大きな幅広のポケットが1つあり、裏側にはA4サイズのノートや書類の入る大きなポケットが1つの計6つのポケットがあります。(ペンホルダー含む)

上部の小さなポケットについては、多少のマチがあるので、Mac Book Airの充電器とUSBマウスをそれぞれに入れてちょうどいいサイズ。

ペンホルダーについては多色のボールペンが1本挿さるくらいのサイズです。

上部ポケットを覆うメッシュポケットについては、マチは無いですが、メッシュポケットの縁がゴムになっています。

下部のポケットは一番大きなポケットになりますが、こちらもマチが無いため、厚みのあるデバイスや本を入れると角が若干きつくなると思われます。

底部は補強されていて耐久性アップされて長く使える予感

底の部分はちょっぴり補強されていて長く使えそう

底の部分にはビニールのような素材がついており、他の場所に比べて耐久性がアップされているようです。

日々使ううちに擦れてだんだん破けやすくなるのは底の部分になるので、こういったちょっとした配慮は嬉しいです。

まとめ

価格は2,000円程と、そこそこ購入しやすい金額かと思います。(僕の場合、3,000円を超えてくると少し躊躇します)

一応、「13インチのノートPCが入る」という案内でしたので、今回試したMacBook Airはもちろん、MacBook Proくらいの薄さなら入るかな(?)

今のかばんの整理具合に不満があったり、新しいかばんを購入したタイミングなどで一度使ってみることを検討してみてはいかがでしょう。

よっしーのひとこと

よっひー

バッグインバッグのポケットにフタが付いてると、しまうのも取り出すのも面倒になるので、フタ無しの物を探してました。

リュック背負ったままひっくり返ると中身が全部出てしまうのですが、まぁ。もうおじさんだし、ひっくり返ることもないかな。

ではまた。