Textwellの新機能「Add To Textwell」でWEB上のテキストを楽々連携できる!

「Add To Textwell」エクステンションで選択したテキストを楽々Textwellに追加できる!

アップデートによって追加されたTextwell新機能がなかなか楽しくて夜も眠れません。よっひー(@yosiakatsuki)です。

ウソです。よく寝てます。

iOS8最適化と共に追加になった新機能「Add To Textwell」エクステンションでWEBページなどから作成中の文章へのテキスト追加が簡単になりました!

新機能「Add To Textwell」エクステンションの使い方と注意点のご紹介でございます。

「Add To Textwell」エクステンション

iOS8で「アクション拡張に対応した」と言えば思い浮かぶのはSafariだと思いますので、今回は、Safariで「Add To Textwell」エクステンションを使う事を例に説明したいと思います!

WEBページで選択中のテキストをTextwellに追加!

「Add To Textwell」を使うシーンとして有効だと思うのが、「選択中のテキストをTextwellに追加する」ことだと思います!

今まではコピーして、Textwellを開いてペーストして…

ちょっと手間だったことが、Safari内で完結できます!

例えば、「Evernote ノートブック by Moleskine」という名称ですが、入力するのは大変ですよね?

かといって、コピー→ペーストだとやや面倒です。

そんな時は、テキストを選択して、「Add To Textwell」を実行! (※「Add To Textwell」の追加方法は後述)

テキストを選択して、「Add To Textwell」アクションを実行

Safari内で簡易的なエディタが開いて、選択したテキストが追加されたことが確認できます!

「Add To Textwell」でしたテキストが追加されました

Safari内での動きになるので、アクションなどは使えませんが、そのまま文章を編集することも可能です!

テキスト選択無しの場合は、ページタイトルとURLが追加される!

ページ内のテキストを選択してないときは、ページのタイトルとURLが追加されるようです。

テキスト選択していないときはページタイトルとURLが追加される

「Add To Textwell」をSafariで使うための設定

「Add To Textwell」をSafariで使うためにはちょっとしたアクティビティの追加が必要です。

Safariの下部中央のボタンをタップして、表示されたメニュー下段の「その他」をタップします!

Safariの真ん中のボタンからメニューを開いて「その他」を選ぶ

追加できるアクティビティが表示されるので、「Add To Textwell」のスイッチをオンしてください!

「Add To Textwell」を有効にする!

これで「Add To Textwell」が使えるようになりました!

「Add To Textwell」注意点・感想

テキストは必ず最後に追加

これ、僕としては結構重要なポイント。

「Add To Textwell」で追加したテキストはカーソル位置に関わらず「最後に追加」されます。

なので、文章の途中にテキスト追加したい場合、結局コピペ作業が発生して手間が増える…

文章を書いている途中で前に戻って追記して…というようなことをしながら文章を書く人には旨みの少ない機能かもしれません。

よっしーのひとこと

よっひー

面白い機能だと思いますが、今の僕ではまだこの機能は使い倒せそうに無いですね…

ではまた。