1台でiPhone 6が4回も!おすすめモバイルバッテリー「cheero Power Plus 3」が心強い味方だった

cheero Power Plus 3

スマホ自体のバッテリーも年々大容量になってきましたが、外出先でヘビーにスマホを使うならモバイルバッテリーは欠かせないですね!

特に出張・旅行などで大活躍することは間違いなしで、できるなら大容量・急速充電対応のモバイルバッテリーが欲しいところ…

「モバイルバッテリーそろそろ買おうかな」と思っていたところ「cheero Power Plus 3」というモバイルバッテリーがおすすめらしいと聞いて買ってみましたが…

おすすめです!

大容量モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3」

新商品が発売される度に売り切れ続出のcheeroのモバイルバッテリー

iPhone 6が約4回も充電できる大容量バッテリーということで、年末のフェス参戦に合わせて購入しておりました!

大容量なのに軽いと噂の「cheero Power Plus 3」は出張・旅行・フェス参戦のお供に持っておきたいモバイルバッテリーです!

箱もおしゃれ

cheero Power Plus 3 外箱

Amazonで注文した「cheero Power Plus 3」が届いたので箱を開けてみるとなんともカワイイ外箱が登場!

安全・軽い・安い!

安全性と軽さを追求。でも安さも追求したモバイルバッテリー

外箱の内側天面には素晴らしいこだわりが書いてあります。

安全で軽い!でも安い!

使う側としてはかなりありがたいことですね!

ちなみに、販売価格は3,480円!かなり安いです

内容物

内容は本体と充電用のケーブル

中に入っているのは本体と充電用のケーブルが1本!

コンセントはついていないので、充電にはiPhone購入時についてきたUSBコンセント等を使う必要があります。

電源・USBポート

電源、給電・充電ポートは片面に集合

電源とUSBポートは充電器の片面に集結しています。

写真の面の反対側はポートやライト等はありません。

USBポートは急速充電も可能な5v 2.4A×1、5v 1.0A×1の計2ポート

間には充電用のポートが1つあります。

2台いっぺんに充電できるので、カップルで旅行中に2人分のスマホを同時に充電なんてこともできちゃいます!

バッテリー残量はLEDで表示

電池残量はLEDで確認出来る

写真はフル充電状態

バッテリー残量がなくなっていくと、光るLEDの数が減っていきます。

13400mAhの大容量バッテリー

「13400mAh」と言われてもなかなかピント来ないと思います…(僕はさっぱり想像付きませんでした)

各デバイスを充電できる回数を見て頂ければなんとなくたくさん充電できることがわかるかと思います。

【充電回数の目安】

  • iPhone 5s … 約 5 回
  • iPhone 6 … 約 4 回
  • iPhone 6 Plus … 約 2.7 回
  • iPad mini 3 … 約 1.2 回
  • iPad Air 2 … 約 1.0 回
  • GALAXY S5 … 約 2.8 回
  • Xperia Z3 … 約 2.5 回

製品仕様

その他製品仕様はコチラ↓

  • 内蔵バッテリー:リチウム・イオンバッテリー
  • 容量:13400mAh/3.6V(48.24Wh)
  • 本体サイズ:92mm×80mm×23mm
  • 本体重量:245g
  • 本体充電時間:約8時間(2A USBアダプタ利用時)
  • 使用回数:500回
  • 入力:DC 5V/2A
  • 出力:DC 5V/1A、DC 5V/2.4A (合計:3.4A)
  • 各種保護機能:過充電(電圧/電流)時、過放電(電圧/電流)時、短絡化(ショート)時、発熱時 自動停止機能 デバイス充電完了時自動停止機能

まとめ

フル充電でiPhone 5sを約5回、iPhone 6なら約4回充電出来る程の大容量モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3」

何より素晴らしいのが、この性能で3,480円という価格!

「モバイルバッテリーそろそろ買おうかな」と思っているなら他にない安くて高性能なモバイルバッテリー「cheero Power Plus 3」は絶対買いですね!!

おまけ

買った後で気づきましたが、防塵・防水のモバイルバッテリーもあったんですね…

フジロック参戦の持ち物は防水が必須なので、こっち買えばよかったとちょっと後悔…

よっしーのひとこと

よっひー

フェスの持ち物としてもモバイルバッテリーは重宝しますから、まだ持っていないならぜひ買いでしょう!

ただ、軽いと言っても、フェス会場内を持ち歩くにはちょっと重いかな?と思います。

身軽に動きたい場合はクロークに預けるバッグのなかに入れておいたほうがいいかもしれないですね!

ではまた。