iPhoneだけでDropboxの共有ファイルを自分のDropboxに保存できるとか便利すぎ

Dropboxの共有リンクはiPhoneだけで自分のDropboxに保存できる!

「リンクをもらった共有ファイルはPCでダウンロードしなきゃ」って思ってませんか?

Dropboxを持つもの同士の話にはなりますが、共有されたファイルはiPhoneだけで自分のDropboxアカウント内に保存できました!

特に難しい操作の必要もなし!Dropboxがやっぱり便利です。

iPhoneアプリだけでDropboxの共有ファイルを保存する方法

何年も前からクラウドストレージは Dropboxを愛用してます。よっひー(@yosiakatsuki)です。

時々、Dropboxでファイルを共有してもう事があるのですが、その度に「PC開いて」→「ファイルダウンロードして」…って事をやってました。

そんな事を日常的にやっていたので「共有ファイルのリンクはPCから見るもの」と思っていたのですが、たまたまiPhoneでリンクを見てみたら、アラ大変!

iPhoneだけで、Dropboxの共有ファイルを自分のDropboxアカウントに保存する事が出来たのです!

iPhoneからDropboxの共有リンクを開く

2015年春に参加した「ハッピーラクガキライフ」で描いたラクガキをスキャンしてPDFにしたファイルをDropboxで共有して頂いたものを参考にしますね!

Dropboxの共有リンクをSafariで開きます

Dropbox上のファイルの共有リンクをSafariで開きます。

リンクを開いたとき、iPhone内にDropboxのアプリがインストールされていれば、アプリが起動してリンク先が表示されます。便利。

共有ファイルを自分のDropboxフォルダに保存する

Dropboxアプリから「Dropboxへ保存」を選ぶ

開いたリンクの右上の「…」から「Dropboxに保存」を選びます。

保存先を選んで保存する

そして、ファイルの保存先フォルダを選択して「保存」すればOK!

たったこれだけで、共有されたファイルが簡単に自分のDropbox内に保存できちゃいました。

もし、Dropboxでファイル共有してもらったけどなかなかPC開く暇がないときに思い出してみてください!

便利です!

よっしーのひとこと

よっひー

どんどん便利になるんですよDropbox。僕と同じく「共有リンクはPCでダウンロードして保存するものだ」と思っていたなら感動ものです。

ではまた。