Dueを活用した朝からステキなTodoist生活をiPhoneで!

DueとTodoistを組み合わせて朝からロケットスタート

TodoistはもっぱらiPhoneで使っています。よっひー(@yosiakatsuki)です。

朝起きて、まず「今日やる事」を確認する為にDueというリマインダーアプリとTodoistのURLスキームを組み合わせてみました!

朝からロケットスタートです!

DueにTodoistのURLスキームを登録して即起動する!

Dueのリマインダーを完了した時にTodoistをひらく!

「止めるまで1分おきに通知をしてくれる」、「完了時にURLスキームを実行できる」と僕の中で話題だったDue。

今まで、いまいち使うタイミングがなかったのですが、Todoistの起動URLスキームと組み合わせて通知完了した時にTodoistを開く設定をしてみました!

DueにURLスキーム入りでリマインダーをセット

Dueのリマインダー一覧の右上の「+」から新しいリマインダーを作ります。

リマインダーの名前(写真では「6:00」の部分)を入力し、その後にスペースを空けてURLスキームを入力します。

今回はTodoistで「次の7日間」が表示されるように「todoist://next7days」を登録しました。

もし、「今日」を表示したい場合は「todoist://today」と入力します。

その他のURLスキームは下記のリンクを見てみてください!

リマインダーの下のエリアで通知時刻もセットします。

朝イチで通知したい場合は、アラームをセットした時間と同じにしておくといいですよ!

リマインダー名、URLスキーム、通知時刻が登録できたら続いて繰り返しを設定をします。

リマインダー名の上にあるボタンの真ん中のボタンを押すと、リピート間隔を設定できるので、好きな間隔を選びます。

僕は毎日決まった時間に通知して欲しいので毎日を選びました。

これでDueの準備は完了です!

DueからTodoistを開くまでの手順

Dueの通知をスワイプorタップ

1分おきにしつこく通知をしてくれるDue。

放っておくと、通知だらけになりますが、そんなDueの通知をタップ、またはスワイプアプリを開きます。

登録したDueのリマインダーが通知されたら、通知をタップして開くか、通知の一覧から右にスワイプします。

にスワイプして「完了」すると、URLスキームを発動できないので注意してください

Dueが起動したら、完了する!

通知をタップして、Dueを起動したら、画面右下のチェックマークからリマインダーを完了します。

この時に、タイトルにセットしたURLを開くか聞かれるので、「todoist://next7daysを開く」をタップすると、Todoistアプリが起動し「次の7日間」が表示されます!

これで朝イチから、リマインダーの設定時間によっては、1日に決まったタイミングでサクッとTodoを確認することができるようになりました!

今回登場したアプリ

Due

Todoist

よっしーのひとこと

よっひー

ものぐさな人間の発想なように感じますが、「Todoを決まった時間に確認する」というのはなかなか効果的だと思います!

ぜひお試しください!

ではまた。