最強リファラースパム対策?!Google Analyticsのフィルター1個が効果抜群だ

Google Analyticsのリファラースパムを撃退

Google Analyticsで計測しているブログのPVを無意味に水増しして狂わせまくるリファラースパムとのイタチごっこがついに終わったようです。よっひー(@yosiakatsuki)です。

「ちきしょう!リファラースパムめ!!」とTwitterでつぶやいた所、リファラースパムの対策完全版を教えていただきました。

最強です。

最強のGoogle Analyticsのリファラースパム対策に出会えた!?

以前からちょいちょい増えてきていたリファラースパム…

なんとかならないかなぁと、怒りを込めてにTwitterでつぶやいてみました。

そうなんです。フィルタにドメイン名を追加して除外するタイプの対策は前からちょっとずつ対策してたんですよ…

ただ、だんだんとそのイタチごっこにも疲れてきて上のツイートをしたわけですが、そんなツイートをしていたら、対策方法を教えてもらいました。

早速試してみます!

リファラスパムのホスト名が違ってることを見てみる!

紹介頂いた頂いた対策では、参照元のホスト名を自分のサイトのドメインに絞るというものでした。

「ほー。なるほど!」ということで、まずはこれまでのアクセスがどうなってるか調べてみることに!

まずはリファラースパムのホストを調べてみる

まずはレポートの[集客]→[すべてのトラフィック]→[参照サイト]と見てみます。

出てきた表の上の部分に「セカンダリ ディメンション」という項目を押し、「ホスト名」を追加します。

ホストが自分のブログ以外のものがちらほら

レポートに「ホスト名」が追加されて表示されました!

おー。見事に自分のドメイン以外のホストから参照があることになってます。

状況確認はここまでにして、早速対策をしてみます!

リファラースパム対策完全版を試してみる!

ビューにフィルタを追加

リファラースパムの対策設定するビューを選ぶ

まずはリファラースパムを除外したいビューを選びます。

僕の場合は過去ブログの方のビューもあったので、今のたらハコで使っているビューを選びました。

1つしかサイト(ブログ)を運営していないなら、表示されているサイトを選べば大丈夫なはず!

アナリティクス設定からビューのフィルタを選択

続いて、レポート上のナビゲーションにある「アナリティクス設定」を選び、一番右の「ビュー」列にある「フィルタ」を選びます。

フィルタを新規作成していく

フィルタの編集ページを開いたら「新規作成」フィルタを作っていきます!

リファラースパムをフィルタリングする設定

フィルタの設定をしていく

フィルタの新規作成ページを開いたら

  • フィルタ名
  • フィルタの種類
  • ホスト名

を設定していきます。

「フィルタ名」はわかりやすい名前をつけておきます。

「フィルタの種類」は「定義済み」を選んで「右のみを含む」、「ホスト名へのトラフィック」、「等しい」を選びます。

「ホスト名」は自分のブログのドメインを入力します。(先に[集客]→[すべてのトラフィック]→[参照サイト]で確認したホスト名と合わせないと大変なことになります)

必ずフィルタの確認を!

入力が完了したら「フィルタの確認」で確認してみます。

直近7日間のデータを使って、フィルタが与える影響が確認できるので、ここでリファラースパムと思われるホストからのアクセスが0になっているのを確認できればOKです。

設定が間違っていると、自分のブログへのアクセスもフィルタされてしまうので、保存する前に必ず確認をします!

確認の結果OKならば「保存」でフィルタを保存します!

リファラースパムとのイタチごっこも終了!

フィルタを有効にしてからはひどい時は1日100以上ものPVを水増ししていたリファラースパムも全く表示されなくなりました。

これでちゃんとしたPV数を計測出来ます!

リファラースパムのフィルタリングはフィルタ設定後のアクセスから有効になります。

過去分については影響を与えないので、リファラースパムを除いたレポートを見たい場合は、今回参考にした記事に載っていますので、そちらを参考にしてみてください!

リファラースパム対策完全版。簡単Analytics設定方法。 | すあろぐ

(2015/12/17 修正:リンク切れの為、記事へのリンクを削除しました)

よっしーのひとこと

よっひー

1日数百PVのブログに100PV/日でリファラースパムが乗るとホント厄介ですよ…

誤差とは言えない数字になるので… でも教えて頂いた方法を設定してからはなかなかいいかんじです!

リファラースパムにお悩みなら是非試してみてください!

ではまた。