iPhoneアプリを買うためにiTunes Cardでクレジットをチャージする方法!

iTunesCardでiPhoneアプリ購入用のクレジットをチャージする方法

有料のiPhoneアプリを購入するために必要な「クレジット」はiTunes Cardで簡単にチャージできます。

iPhoneアプリの購入はクレジットカード決済ではなく、クレジットをチャージして購入しています。よっひー(@yosiakatsuki)です。

今回は「iPhoneアプリ購入の第一歩となるApple IDへのクレジットのチャージはiTunes Cardで簡単にかっこ良くできた」というお話です。

Apple IDのクレジットをiTunes Cardをで簡単チャージ!

iPhoneアプリの購入の為にApple IDのクレジットをチャージする方法はいくつかありますが、おそらく一番気軽で簡単なのはiTunes Cardを使う方法です!

コンビニでも買えるので、「クレジット足りない!買わなきゃ!」となってもすぐにチャージできます。

今回は、コンビニで買ってきたiTunes Cardを使ってApple IDにクレジットをチャージする方法を紹介します!

iTunes Cardでクレジットをチャージする方法

iTunes Cardを購入!

iTunes Cardを用意します

まずはiTunes Cardがなければ始まりません!

近くのコンビニ・本屋・ゲームショップ等々…いろいろなお店で買えるようになっているので、気軽に買いに行けるところで買ってきます!

Amazonや楽天のポイントを活用して購入するという方法もありですね!

iTunesギフトコードを確認!

iTunes Cardを購入したら、まずはカードをはがします!

iTunesCardの裏面に銀色のシールが付いている

カード裏面をみると、銀色のテープが貼られた部分があります。

この銀色のテープを剥がしたところにギフトコードが書かれているので、銀テープを剥がします。

iTunesCard裏面の銀テープを剥がす

このテープはコインで削るのではなく、「ペリッ」と剥がれるタイプなので、ペリッと剥がしてください!

ちなみに僕は最初、コインで削ろうと頑張ってみました…お恥ずかしい…

App Storeアプリからクレジットをチャージ!

銀テープを剥がして、ギフトコードがみえたら、iPhoneからApp Storeのアプリを起動します。

AppStoreのコードを使うをタップ

「おすすめ」のメニューの中の一番下に「コードを使う」というボタンがあるのでそのボタンを押します。

ギフトコードをカメラで読み取るか、入力するか訊かれます

続いて、カメラで読み取るか、入力するかを尋ねられます。

iTunes Cardに記載されたコードはカメラで読み取れるので、「カメラで読み取る」を選びます!

iTunes Cardのコードが映るようにカメラを向けると…

iTunesCardをにカメラを向けるとみどりに光る!

おぉ!これはかっこいい!緑色に光りました!

コードが読み取られてクレジットがチャージされます!

これで気になるあのアプリも、人気のあのアプリも買えるようになりました!

iPhone買ったら入れておきたいおすすめアプリ!

せっかくですので、iPhoneを買ったら入れておきたいおすすめのアプリを少し紹介します!

静音カメラアプリ「One Cam」

iPhoneでシャッター音が出ないアプリといえば「One Cam」です。

静かなカフェでの撮影はもちろん、動物の撮影にも向いているので持っておいて損はないアプリです!

Twitterやるなら「Tweetbot」でしょ!

とにかく見た目が綺麗なTweetbot!

このアプリを使い始めたら他のアプリがどれも「イマイチだなぁ」と感じてしまうほどです!

毎日Twitterやるなら絶対持っておきたいアプリ!(ちょっと高いけど…)

通信量制限に引っかからないために「DataMan Next」で使用量をチェック!

友達が通信量制限のおかげでたまらなくストレスの貯まる生活をした話を聴いてからすぐにインストールしで使っているアプリです。

今月は今どれくらい通信しているかが一発でわかるので、使いすぎてきたら「おっと節約しなきゃ!」と気づくことが出来ます!

他にもいろいろと便利なアプリがたくさんあるので、いろいろダウンロードして試してみてください!

よっしーのひとこと

よっひー

クレジットカードを登録すればチャージいらずで便利なんですけどね。便利すぎて使いすぎたので自制の為にチャージする方法で生活してます。

ではまた。