たった1,000円で出来る自撮り棒禁止対策!「セルカレンズ」がおすすめアイテム!

自撮り棒の禁止対策にセルカレンズ

「写真とってもらえませんか?」という一言がなかなか言えないシャイ男子よっひー(@yosiakatsuki)です。

「自分でシャイとか言ってくれるなや」って感じですが、それは置いといて。

東京ディズニーランドをはじめ、全国各地で広がりつつある「自撮り棒使用禁止」の動き。

その対策として注目を集めている「セルカレンズ」ですが、「3,000円くらいするのかなぁー」と思いつつ調べてみたら、安いものは1,000円以内で買えることを知りました!

安いうちにこっそり買っておいてよかったです。

自撮り棒禁止の救世主「セルカレンズ」を買ってみた

1,000円ちょっとで買えたセルカレンズ

今回買ってみたセルカレンズはAmazonで1,290円。安いものは500円を切る安さでした!(記事執筆時)

安くてお届けまでの日数が短かい物を選んだので、1,000円超える物を買いましたが、1,000円以内で十分買えるようですね。

「気にはなってるけど値段が高かったらやだなぁ」と思ってた僕にも優しいお手頃価格でした!

「セルカレンズ」とは?

セルカレンズ 自撮りレンズ クリップレンズ for smartphone Clip lens iPhone スマートフォン SP1690 (レッド)

僕も詳しい定義はよくわかっていなかったのですが、どうやら、スマートフォンに装着して使うクリップ型のレンズの事を指して言われているようですね。

レンズを装着することで、自撮り棒(セルカ棒)なしで、手を伸ばしただけでも自分+数人撮れるだけの広範囲を撮影出来るようになります。

ディズニーをはじめ、観光地、フェス会場でも自撮り棒が禁止に!?

ディズニーランドをはじめ、全国各地で事故防止のために自撮り棒の使用を禁止する動きが広がっているようです。

観光地や夏フェス会場でも自撮り棒の使用を禁止しているところが増えています。

今後、自撮り棒が使えなくなることを考えると、早めに「セルカレンズ」を使うことを考えたほうが良さそうです。

届いたセルカレンズを試してみた

ちょっと前置きは長くなりましたが、今回買った「セルカレンズ」を開封していきます!

入っていたのはレンズとクリップとケース

AmazonからA4のノートが入りそうなサイズの箱が届き少し困惑しましたが、中身はコンパクト。

届いたセルカレンズの中身

中にはレンズ2つとクリップとケース(袋)が入っていました。

自撮り棒とは比べ物にならないくらいの携帯性の良さです!

ん?あれ?レンズ2つ??

レンズはちゃんと3つあった!

「あれ?レンズって『マクロ』と『ワイド』と『魚眼』の3つじゃなかったっけ?」

と、ちょっと困惑しましたが、ちゃんと3つありました。(というか、商品ページの説明をちゃんと読むべきでした)

マクロレンズとワイドレンズのセット

写真の「MACRO」と書かれたこのレンズ…

マクロレンズとワイドレンズは分解できる

分解して2つになるんですね…

いわゆる「セルカレンズ」として自撮り用に使うときはマクロレンズとワイドレンズをくっつけた状態で使います。

セルカレンズのセットは3つのレンズがついていました

ちゃんと「WIDE」「MACRO」「FIHS EYE」の3つのレンズがついていました。

使い方は超簡単!挟むだけ!

セルカレンズの使い方はスマホに挟むだけ!

クリップ型なので使い方も迷うことなしですね!

ご想像通り!スマートフォンに挟むだけです!

ちゃんと取れる範囲が広がってる!

で、「実際にこんなレンズで撮影範囲が広がるのかなぁ」と不思議に思うところですが、ちゃんと広角に撮れるんです。

はちクロを並べて広角に写るか試してみた

試しに、家にあった「はちクロ」を並べて撮ってみました。

セルカレンズなしではちょっと端が切れて写ってますが…

セルカレンズで撮るとちゃんと広角で撮れてる

セルカレンズを使うと縦にも横にも広角に写真を取ることが出来ました。

なるほど!コレなら手を伸ばしただけで数人で自撮り出来ますわ!

まわりの黒い部分や歪みは味の一つ

セルカレンズを使って写真を撮ってみたところ、まわりの黒い部分や、端に行くにつれて歪むところが気になりました。

まわりの黒い部分は画像加工アプリなどを使ってトリミングすることも出来ますが、「コレも味だな!」と思えばいい感じの写真に見えてくると思います。トイカメラ的な。

自撮り棒による事故防止で買ったつもりが「ちょっと変わった写真が取れるアイテム」になるところも面白いところです。

購入の際はお届けまでの日数に気をつけて

Amazonで「セルカレンズ」と検索すると、安いものは500円以内から検索結果にヒットしてきます。(記事執筆時)

でも、ここで気をつけて欲しいのは「お届けまでの日数」です!

僕は安いもの大好きなので、最安値の商品を買おうと思いましたが、納期が1週間以上あったので思いとどまりました。

「あ、そうだ。週末お出かけだからそれまでにセルカレンズ買っておこー」

ってノリで適当な物を買うと、お出かけまでに商品が届かなくなる可能性も…

なるべく早めに手元に届いて欲しい場合は「プライム」のマークがついた商品を選ぶと比較的早く発送されるのでおすすめです!

Amazonで購入の際はプライムマークがあると発送が早い

よっしーのひとこと

よっひー

フェス好きの僕としては、フェスでの自撮り棒の使用可否が気になるところ!

調べてみたら、自撮り棒の使用が禁止になってるところは多いです…(「セルフィースティックの使用…」という表現になってます)

これからは「自撮り棒」をもつより「セルカレンズ」をもっておいたほうがよさそうですね。

ではまた。