するぷろでMarkdownを使うと何故かpタグがつかない…なぜ…?(追記あり)

するぷろ

よっひー(@yosiakatsuki)です。

ブログをWordPressに移行して、モブログ環境もエディタをMobloggerからするぷろに変更します。

これまで、記事を書く時はMarkdownを使ってきました。

するぷろでもMarkdownをサポートしているのは知っていましたが、実際にどのように使うのか為してみました!

Markdownで簡単記事作成

簡単なルールを覚えるだけで、ブログを爆速でかけるようになるMarkdown。

最初は覚えるのが大変そうで敬遠していましたが、いざ覚えてみると簡単!

特に「pタグ打つのがめんどくさい!」と思っている方にはオススメです。

するぷろでMarkdown

するぷろでMarkdownを使うのはとっても簡単!

設定から「Markdownサポート」をONにするだけ。

するぷろのMarkdownサポートをONにする

Markdownで文章を書いて、プレビューしてみます。

Markdownで書いてプレビュー

おー!見出しタグは変換されてるみたいですね!

MarkdownからHTMLの変換は記事のポスト時に行われるので、ひとます下書き保存!

するぷろのMarkdownでポストすると変換される

たったこれだけで使うことができました!

Mobloggerの時はMyScriptsと連携させて、変換済みのHTML文をMobloggerに戻す必要がありました。

するぷろだとその手間がなくなったのでさらに記事を書くのが速くなりそうです!

と、思ったら…

下書きしたのを再度開くと、、

するぷろのMarkdown変換結果がpタグ行方不明

あれ?pタグは??

調べてみると、解決策が!

おー!実は変換できてるんですね!

早速PressSyncをインストールして確認してみると…

するぷろのMarkdownで書いた結果PressSyncにもpタグは行方不明

……残念…pタグはいらっしゃいません…

ちょっと長い戦いになりそうな予感です…

するぷろでMarkdownを使うとき、pタグが入らないのは仕様だそうです。

pタグ無しでも表示されるときはpタグが付きますが、気になる場合は別のエディタでpタグ付きに変換してからするぷろに送るといいみたいです。

するぷろのMarkdownでpタグが入らないのは仕様だった!気になる人は自分でつけよう!

よっしーのひとこと

よっひー

WordPressに引っ越して一発目のモブログ更新は「するぷろでMarkdownを使うのは思っていた以上に簡単でした!」という記事を書くつもりが残念な結果に…

ひとまずは別のエディタからするぷろにHTML変換済みのテキストを流し込めばいいかなと思います。

何か情報をお持ちでしたら教えてください…

ではまた。