Twitterユーザー名からアカウントのリンクが超簡単に作れるTextwellアクション作った

Twitterのリンクをユーザー名から簡単に作れるTextwellアクション作った

Twitterアカウントへのリンクをいざ作ろうとすると結構面倒だと感じませんか。

特にモブログで記事を書いている場合、アカウントページのURLを取得するのって結構大変です。

Twitterはブラウザではなくアプリを使って見ているならなおさら…

今まではTwitterIDを使って簡単にリンクタグを作れるアクションを使っていましたが、もっと簡単にTwitterアカウントへのリンクを作れるアクションを作ってみました!

本稿では<a>タグ(アンカータグ)を「リンクタグ」という呼び名で表現しています。ご了承下さい。
7人のブログ侍

七ブ侍はブロガー15人(週イチ7名+月イチ2名+季イチ6名)が日替わりでブログ更新をするリレー企画です!

Twitterアカウントのリンクを簡単に作るTextwellアクション

久々にTextwellのアクションを作りました。 よっひー(@yosiakatsuki)です。

時々、ブログでTwitterの知り合いを紹介するために、アカウントへのリンクを作るのですが、意外とこれがめんどくさい…

特に「ユーザー名はわかるけどIDは調べないとわからない!!」という場合はわざわざリンク作らなくてもいいかと思うくらいめんどくさいです…

とはいえ、せっかくブログで紹介するなら、アカウントリンク貼りたいじゃないですか!貼りたいですよね!

ということで、Twitterのユーザー名からTwitterアカウントへのリンクタグを簡単に作れるTextwellアクションを作りました!

よくあるID置換型とは違う所が良い

今までもTwitterアカウントへのリンクを作るアクションを使っていましたが、リンク作成にはTwitterIDが必要でした。

何か別のアプリでリプライ画面出して、IDだけコピーして、Textwellにもどって…

って、意外と大変なんですよね…

その点、今回作ったアクションは普段目に入る「ユーザー名」を元にリンクを作れるところが良い所なのです。

「あれ?あの人TwitterIDなんだっけ」なんてことはもう考える必要ありません!

Twitterアカウントを検索してリンクを作るTextwellアクションのコード

次のリンクからアクションをTextwellにインポートできます。

Import Textwell ActionTwitterAccountSerch

アクションのコードはこちら


T.closelets( [
  {title: "Twitterのリンク作成",
    fn: function(){
  cutlen=16;
            account=location.href.replace(/https.+\//g,'');
            doctitle=document.title;
            accountname=doctitle.substring(0,doctitle.length-(cutlen+account.length))
            if(location.href.indexOf('mobile')<0) {
            accountname=$('.ProfileHeaderCard-nameLink').text()

          strlink=accountname+'(<a href="'+location.href+'" target="_blank" rel="nofollow">@' + location.href.replace('https://twitter.com/','') + '</a>)さん'
        } else {

          strlink=accountname+'(<a href="'+location.href.replace('mobile.','')+'" target="_blank" rel="nofollow">@' + account + '</a>)さん'
        }
        if(T.data['selecttext'].length > 0) {
             T( 'replaceWhole', {text:strlink})
        } else {
          T( 'insert', {text:strlink})
        }

    }
  }],
function(){
    s=T.selectedText;
    T.setData('selecttext',s);
    if(s.indexOf('@')<0){
      location.href="https://twitter.com/search?f=users&vertical=default&q="+encodeURIComponent(s)+"&src=typd";
    }else{
      s=s.replace('@','');
          location.href="https://twitter.com/"+s;
      //endelse
    }
}
);

Twitter側でjQueryを読み込んでいる事前提のややゴリ押しな感じのコードですが、ちゃんと動いています。

アクション使い方

アクションの使い方はいたってシンプル。

Twitterのリンクを作りたい人のユーザー名を入力して選択、アクション実行する

リンクを作りたいアカウントのユーザー名を入力。入力したテキストを選択して、アクションを実行します!

Twitterの公式アプリが表示されたらTwitter.comに戻るを押す

この時、公式アプリが表示されてしまったら、右上の「twitter.com▶︎」を押して下さい。

一度Safariが表示されますが、Textwellに戻って、「☓」ボタン→「閉じる」でアクションを止めて、再度アクションを起動して下さい。

Textwellの内部ブラウザでTwitter検索からお目当のアカウントを選びます

Textwellの内部ブラウザでTwitterの検索結果が表示されたら、お目当てのひとを選んでアカウントページを表示させます。

アカウントが表示されたら、右上の×ボタンを押して、Twitterのリンクを作成を選びます

アカウントページが表示されたら、右上の「☓」を押してアクションを終了します。

その時に表示された選択肢から「Twitterのリンクを作成」を選ぶと、表示していたアカウントのユーザー名とTwitterIDをからリンクタグが出来上がります!

あとはアカウント名をいい感じに修正して完了です

人によっては名前にいろいろと補足情報が付いているので、適宜修正してリンクの埋め込み完了です!

よっしーのひとこと

よっひー

Textwellの内部ブラウザを使っていろいろ処理できると、やれることが増えて面白いですね。

モブログでもちょっと凝ったHTMLの編集が必要ならTextwellは強力なエディタになると再認識しました。

ではまた。

明日のブログ侍は?

明日の七人のブログ侍はLifeReformerのぱすも(@jpasmo)さんさんです!お楽しみに!