Twitterのセキュリティ強化!iPhoneでログイン認証する方法

TwitterのログインをTwitter公式アプリを使って認証する方法

レイバンスパムに乗っ取られました。よっひー(@yosiakatsuki)です。

何が原因で乗っ取られたのかよくわかりませんが、ログイン時のセキュリティを強化しておいて損は無いはず!

という事で、TwitterへのログインをiPhoneのTwitterアプリを使って認証するように設定しました!

TwitterのログインをiPhoneで認証する設定

Twitter公式iPhoneアプリからログイン認証設定をする

TwitterのログインをiPhoneを使って認証するようにする為には、Twitter公式のiPhoneアプリから設定をします。

アカウントタブから設定を開く

まずはアカウントタブの中のアイコン画像横にある歯車マークから設定を表示します。

アカウントからセキュリティを選択

続いて、[アカウント]→[セキュリティ]と進みます。

ここで、電話番号を登録していない場合は、先に電話番号を登録します。

ログイン認証をONにする

あとはセキュリティ設定画面で「ログイン認証」をONにすれば設定完了です!

バックアップコードを控えておく

スマホをなくした場合、Twitterへのログイン認証ができなくなってどうしようもなくなりますので、もしもの為のバックアップコードを取得します。

取得したバックアップコードはiPhone以外に保存しておく

「取得します」といっても、設定時に表示されて、しかもスクリーンショットまで撮るか訊いてくれるので、コードの取り忘れはほとんど無いでしょう!

取得したログインコードはスマホ以外のどこかに保存しておきます。

いざとなったらこのバックアップコードでログインして設定リセットすることになるでしょう。

設定後のログイン認証

iPhoneでTwitterのログイン認証をするように設定すると、ログインの度にTwitterアプリでログインの許可をする必要があります。

ログイン認証はTwitterアプリでチェックをつけて行う。

上のスクショはchromeからTwitterにログインした時のリクエスト認証の様子です。

ぼかしてあるところは県と市が書いてあります。ちょっとコワイ。

チェックマークを押せば、リクエストされたログインを認証できます。

よくある2段階認証と似たようなものですね!

ひとまずこれで、ID・パスワードの組み合わせで勝手にログインされる事は防げるようになったと思います。

セキュリティの話は、なにかあってからでは遅いので、先手を打って対策しておく事をおすすめします…

「お前がいうなや!」って感じですよね。スミマセン。

よっしーのひとこと

よっひー

ID・パスワードの使い回しをしない事と、なるべく2段階認証を有効にしておく事が大事だなぁと実感しました…

いくつもパスワードを作るとなにかと面倒ですが、そういう時の為の1Passwordだったりしますね。

ではまた。