最高な1日だった!フルカワユタカ「無限大ダンスタイム2015」参戦レポート!(2015年05月17日 )

2015年5月17日フルカワユタカ「無限大ダンスタイム2015」@東京WWW

2015年5月17日、約2年ぶりにハコのライブに参戦してきました!

セットリストを含め(覚えている範囲で)ライブの様子をレポってみたいとおもいます!

それでは2015年5月17日フルカワユタカ「無限大ダンスタイム2015」@東京WWW参戦レポートです!

2015年5月17日フルカワユタカ「無限大ダンスタイム2015」@東京WWW

個人的には約2年ぶりとなるハコのライブ。

僕が人生で初めてハコのライブに参戦したのがDOPING PANDAという事もあり、今回のライブは「待ちに待った」ライブとなった。

17時すぎ、イベント参加していた茅場町を出て渋谷へ。

普段群馬からあまり出ない僕には渋谷は迷宮で(渋谷まで行くのも迷宮だったけど…)、「迷わない」なんてことは絶対にないと確信。

開演前にギリギリ到着

渋谷に着いたのが17:40くらい。「まあ、18:00には余裕で着くべ」と思ってたけど、結局迷宮に迷い込んで着いたのは18時ちょい過ぎ…

普段は「1曲始まってるくらいかちょうどいい」と思っていたけど、結果的には開演前に着いてよかったと思うことになった。

会場入りしてホッとひと息

「まだ始まってない」

僕は急いでメガネをカバンに入れ、カバンから「いろはす」を出し、少し飲んでペットボトルを潰してお尻のポケットに。

カバンをクロークに預けて開演前のホールへと入っていった。

一曲目からアクセル全開!熱狂の海へ

ホールへと降りて数分。会場内は暗転してSEがかかり始めた。

「始まるまでのドキドキ感」が苦手な僕にはちょうどいい時間だった。

メンバーが続々入場し、ロックスターがミュートの効いたリフを弾き始める。

僕にとってライブの最後で聴くイメージか強いその曲を聴いて「まさか!一曲目からか!」と、驚いた。

Crazyだ!

フロアのステージ前は一気にモッシュの嵐になってまさに「この時を待っていた」と言わんばかり。

Crazyが終わると「GAME」、「Lost & Found」と次々にドーパン時代の曲を繰り出してくる!

ライブ序盤から汗だくになるような、僕としてはまさに「これを今まで心待ちにしていたんだ!」という始まり方だった!

ただ。僕はGAMEが始まる前に気づいてしまった。

しまった!!ポケットに入れてあったはずの水をロストした…

開始序盤(しかも1曲目)で水分を無くすのはかなり痛い…

結果として、(途中休みつつも)最後までモッシュゾーンにい続けたけど、やっぱり水分は大事だね。

ハコでもフェスでも水分は無くさないようにw

MCはやっぱりロックスターだ!

MCでもあのロックスター節を感じることができて最高だった!

「俺が作った曲は最高だよ!」

「どう転んでも俺はカッコいい!カッコいい転び方しかできない!」

なんて、ロックスターだからこそ言えるセリフで会場を沸かせた。

MCについては、一字一句覚えてるわけじゃないし、どのタイミングで言っていたかきちんとは覚えてないけど、大体のニュアンスは合ってるはず。

メンバー紹介の中ではドラムのカディオを「俺の一番のポケモン」と言った後「古いって?俺だって妖怪ウォッチくらい知ってるよ!」とお茶目なことも言っていた。

ただ本人も「俺もそんな事を言うようになったか(笑)」と今までとの違った一面を笑っていた。

無限大ダンスタイム前にはソロ曲も

「無限大なんとかだの、なんとかダンスタイムだの銘打ってるということは訪れるわけですよ、あの時間が」

と、会場の期待を煽りつつ、

「若い人にも、そうじゃない人にも襲ってくるよ」と会場の笑いを誘っていた。

そんな無限大ダンスタイムの訪れを示唆しながらも、フルカワユタカのソロ曲を披露していった。

「Beast」、「スローモーション 」、「ボクは少しズルくなる 」、「眠りたくない夜は 」、「fairy tale」、「too young to die」と踊れるナンバーからバラードまで続々と。

そして「too young to die」が終わると、待ちに待ったあのSEが鳴り響き、会場は一気に歓声に満ち溢れた。

無限大ダンスタイムがやってきた!

とうとうその時がやってきた!

「ムゲンダイダンスタイム…」

どれだけこのSEを聴けることを嬉しく思っただろう。

僕はよく「ライブの1曲目は何をやるか」を勝手に予想して楽しんでいるのだが、今回は無限大ダンスタイムの1曲が何かを予想していた。

僕の勝手な予想では「YA-YA」か「The Fire」だろうと思っていたが、今回はまさに的中した!

「YA-YA、YA-YA、YA-YA-YA」と一曲目の「YA-YA」が始まる!

そこからは本当に怒涛の無限大ダンスタイムへと突入!

僕も何をどうしていたか覚えていないが、とにかく踊りまくって楽しんだということだけは覚えている!

「YA-YA」に続いて「crazy one more time」、「beautiful survivor」、「Hi-Fi」とお馴染みのナンバー。

そして僕が聴きたくて仕方なかった「Transient Happiness」と続いていく。

今回のライブはチケットもSOLD OUTで、会場前で「チケット余ってませんか?」という人にも合うなど期待の高かったライブ。

たまたまではあるが、チケットを取れて、会場まで足を運べた事を「幸せだ」と深く思う事ができた。

さらに無限大ダンスタイムは加速し、「beat addiction」、「MIRACLE」を披露して本編は終了した。

アンコールはアコースティックセット

電車の時間もあり、本編だけで帰ろうか迷ったが、「ここまで来たなら最後まで!」と、アンコールまで全部見る事を決意。

ロックスターの再登場を待った。

アンコールの歓声に応え、再度ステージに登場したロックスター。

その手にはアコースティックギター。

アンコールはアコースティックセットだ!

弾き語りで「Lovers Soca」、「Can't stop me」、「It's my life」を披露。

その後、メンバーも再登場して「farewell」を披露してアンコールも終了。

かと思ったら、まさかの「Crazy」2回目!

本当に最後まで楽しむ事のできたライブだった!

アンコールまで残ってよかった事

最後に、アンコールまで残った事で弾き語りという僕はまだ見た事のない形で曲を聴けた事、そして「オフレコ」な情報を入手する事ができた。

もちろん「オフレコ」と言っている以上はっきり言う事はできないが、ロックスターはMC中にこんな事も言っていた。

「俺はTwitterもFacebookもmixiもやってない。いや、mixiなんてもう誰も(ry ※自主規制」

「ブログだってやってないから、HPしか告知するスペースが無いのに、なかなかHPも更新できてない。」

「HPを更新できるようにしたい」

はっきりした事は言えないが、HPの更新はチェックしておいたほうが良いという事だけは言える。

次のライブではへばらないよう体力をつけておかなくては!

セットリスト

今回のライブのセットリストはこちら(僕が覚えている&ネットで調べられた範囲で)

タイトルがリンクになっているものはiTunes Storeで視聴できるので、気になる曲は視聴してみて欲しい。

本編セットリスト

  1. Crazy
  2. GAME
  3. Lost & Found
  4. Beast
  5. スローモーション
  6. ボクは、少しズルくなる
  7. 眠りたくない夜は
  8. fairy tale
  9. too young to die

無限大ダンスタイム2015 セットリスト

  1. give me your love のイントロ部分
  2. YA-YA
  3. The Fire
  4. crazy one more time
  5. beautiful survivor
  6. Hi-Fi
  7. Transient happiness
  8. beat addiction
  9. MIRACLE

アンコールセットリスト

  1. Lovers Soca
  2. Can't stop me
  3. It's my life
  4. farewell
  5. Crazy

サポートメンバー

  • Ba : 村田シゲ(□□□、CUBISMO GRAFICO FIVE、Circle Darko)
  • Gt : 新井弘毅(alice in underground)
  • Dr : カディオ(QUATTRO)
  • Cho : SIM(NILE LONG)

関連CD

よっしーのひとこと

よっひー

いやはや。本当に久々のライブでございました。

ロックスターも言っていたけど、会場が狭かったなぁ…もうちょい広い会場でもイケる気がする!チケットSOLD OUTだったしね。

時の流れは早いもので、僕ももう若く無いと感じ始めました…筋肉痛が…

次回までに体力づくりしておかないと!

ではまた。