やる気スイッチを「パチン!」と何度もONする為にやっておくこと

ブログ飯を読んでやる気スイッチを「パチン!」と何度もONする為にやっておくこと

浮き沈みする「やる気」。自分でコントロールしたいですよね

そうなかなか簡単にやる気をコントロール出来るわけもなく、いつも悶々としてしまうので、ちょっとした工夫を考えつきました。

簡単なんだけど、意外と出来てないちょっとした工夫のお話です。

7人のブログ侍

七ブ侍はブロガー15人(週イチ7名+月イチ2名+季イチ6名)が日替わりでブログ更新をするリレー企画です!

やる気スイッチは再現してなんぼ

やる気の浮き沈みが激しい人。よっひー(@yosiakatsuki)です。

先日、またある本を読み始めたら、ふつふつとやる気が湧いてきまして、こんなツイートをしてみました。

「再現性」って大事ですよね。良く耳にしました。

「おっしゃー!やるぞー!」って気持ちが、何度も出せたら良いじゃないですか。

誰でも出来るようなことですが、「コレをやるのとやらないのでは差がでる」と思ってること。紹介します。

きっかけをメモしておく

小難しいことではないです。

「やる気が出た」そのきっかけをメモしておく

これだけです。

ただ、単にサッとメモするだけじゃなく「自分がやる気を出せたその状況をなるべく細かく書いておく」ことが重要だと思います。

何かの本を読んで、本に書いてあることに心打たれたなら、

「何月何日」に「どこで」読んだ「どの本」の「何ページ」の「何というフレーズ」が「どのようなことで悩んでいた」自分の心を「どのように打って」自分は「どういう気持ち」になったのか

これくらい書いておかないと「やる気スイッチON」を再現出来ないかなと思います。

特に「『どのようなことで悩んでいた』自分の心を『どのように打って』自分は『どういう気持ち』になったのか…」

コレが大事だと思います。

心に残ったフレーズをメモしても、後で見返したその状況が以前と違えば感じ方も変わります。

だからこそ、「あの時」と「今回」を比較する情報が必要なのです。

メモしておいたぐらいで何度もやる気が起きれば苦労しないと思うでしょ

「メモしておいたぐらいで何度もやる気が起きれば苦労しないだろが!」

って思いますよね。僕は思います。

でも、「全く何もやらない」のと「何か工夫をしておく」のでは、必ず大きな違いが出てくるでしょう。

ようは、やったもん勝ちなんですよ。

よっしーのひとこと

よっひー

ちなみに、やる気を出したきっかけは「ブログ飯」です。

ブログ飯を読んでやる気スイッチを「パチン!」と何度もONする為にやっておくこと

「ブログ飯」ってタイトルですから、「生活できるだけの収入をブログで得るテクニック」的なものをイメージするかもしれませんが、本に書かれていることはもっとマインド的な部分です。

「ブログで収益上げて生活したい」という方の他、「自分のやりたい仕事をするために転職すると今より給料減っちゃうけど、ブログで月数万円収益があれば、迷わず転職するのに…」のようなことを考えてる方にも読んでもらいたい本ですね。

ではまた。

明日のブログ侍は?

明日の七人のブログ侍はガジェとろのアリマックス(@chesmin2009)さんです!お楽しみに!

7人のブログ侍