今年は俺も!夏フェス用レギンス選びのポイント4つ&おすすめメンズレギンスまとめ!

フェス バッグ オススメ

夏フェスやライブではもう当たり前になってきました。「レギンス男子」

「今年は俺もレギンスで夏フェス参戦してやるぜ!」という方も少なく無いでしょう。もしかしてあなたもそうでしょうか?

でも、一口に「メンズレギンス」といっても、いろいろあるので一体どんなレギンスを選べば良いのかわからないと思います。

そんなレギンス参戦の最初の一歩におすすめな「無難なレギンス」を紹介してみたいと思います。

はじめの1歩は安く、無難に!

メンズだって夏フェス・ライブファッションに人気の「レギンス」で参戦したい!

夏フェス・ライブの服装は必ず「Tシャツ×ハーフパンツ×レギンス」。よっひー(@yosiakatsuki)です。

フェスやライブにレギンス穿いて参戦したいかー!!

ってことで、今となっては珍しくなくなったメンズの夏フェスレギンス参戦

今回、僕が知り合いに「どんなのがいいかね」と時々相談されたときにいつもおすすめしているレギンス…というかレギンスの選び方についてお話したいと思います。

結論:とりあえず安いレギンスを1本持っておけばいい

いきなり結論ですが、あれこれ悩むくらいならとりあえず安いメンズレギンスを1本持っておけばいいと思います。

ファッション性であったり、日焼け防止や虫よけ目的でレギンスを穿こうとしているなら、わざわざ値段の高いものを選ぶ必要はないでしょう。

質問投稿サイトなどのQA見ると値段の高い高機能な物をすすめているのを見かけますが、それは玄人の意見です!

ROCK IN JAPANCOUNT DOWN JAPANなどの都市型フェスであれば2,000円しないレギンスでも、何ならGUのレギンズでも十分でしょう!

もし、「本当に安いのでも大丈夫かな…」と不安に思ったなら、夏フェス用にメンズレギンスを選ぶ時のポイントを僕なりにまとめてみましたので、ぜひ続きを御覧ください。

初心者向け夏フェス用メンズレギンス選び5つのポイント

さて、それではここからは僕が実際にどんなことを考えてレギンスを準備したかということをふまえつつ、夏フェス用レギンスを準備するときに気をつけることを紹介します!

早速ですが、初めてレギンスを買う時に覚えておきたいポイントは次の5つです!

  1. 派手すぎない
  2. 安すぎない・高すぎない
  3. 速乾性はポイント
  4. ハイパフォーマンスを目指すなら高機能なレギンス

それでは細かく紹介します

「派手すぎない」レギンスを選ぶ

(Health Knit) ヘルスニット ネイティブパターン 幾何学柄 レギンス [hkt3005] レッド Mサイズ

上の写真のようなレギンスを穿いている人が写った写真をみて「お!いいな!」と思ったことありませんか?

僕は「お!いいな!」と思って、実際に穿いて失敗した系の人間です…

最初から柄ものの派手なレギンスはファッションセンスのある人にしかおすすめできません…

「写真で派手なレギンス穿いている人がカッコ良かったから俺も…」といきたいところですが、最初のうちは黒無地のシンプルなレギンスを選ぶのが無難です!

「ちょっと味気ないな…」と思うのであればラインの入ったものを選ぶといいと思います。

値段が「安すぎない・高すぎない」レギンスを選ぶ

ここでいう「安い」は1,000円以下のものを想定しています。

1,000円以下というと真っ先に頭を過るのはGUなのですが…

GUのレギンスも悪くはないんですけど、しばらく使うとちょっとゆるくなるんですよね…

前は「GUでも十分サイコー」とか言ってたんですけど、今ではライブの時には穿いていないです。

穿き潰すつもりで買うならコスパは十分なので、そこはご自身のお財布事情と相談したほうがいいと思います。

やっぱり、安いものにはそれなりの理由があって、いいところ悪いところが出てきます。

僕の場合、今は2,000円くらいで買ったレギンスをよく穿いています。

Amazonで同じ物が買えなくなっているみたいなので、似た価格帯でレビュー評価の高めなレギンスのリンクを参考として置いておきます

値段が「高すぎる」については、まずレギンスを穿くスタイルが自分にあっているかわからない状態で高い投資をするのはもったいないと思います。

いきなり「よっしゃー!高機能なレギンス買ったぞー」といっても、「レギンス…自分にあわないな…」となったらもったいないですからね…

スポーツ用の高いレギンス1着でライブのチケット2枚買えたりしますので…

まずは自分がレギンスを穿くスタイルがあっているか確かめるためにも「お試し」感覚で準備してみるといいと思います。

フェス・ライブでは汗をかくもの「速乾性」はポイント

夏でも冬でもフェス・ライブでは汗をかくものです!

そこで、レギンスにも速乾性があるものは1つのポイントになります。

僕は速乾性の無いレギンスを穿いていますが、やっぱり汗をかいた時のの不快感は結構あります。(僕はすぐ着替えちゃうのであまり気にしないです。)

もし、気になるようであればスポーツタイプのレギンスを選んでみるといいと思います。

ハイパフォーマンスを目指すなら高機能なレギンス

1日中全力で動きまわりたい!

連日の夏フェス参戦でも「疲れた」なんて言ってられない!

といった場合は、サポート機能がしっかりついたスポーツ用のレギンズがおすすめです。

私は穿いたことないですが、友人曰く「疲れ方がぜんぜん違う。絶対おすすめ」らしいです。

フェスに連日参戦するときやフジロックのように大自然の中でのフェスではそのありがたみを実感できるかもしれません。

まとめ

夏フェス・ライブ参戦用のレギンスを選ぶときのポイントを紹介しました!

「で、結局何がおすすめなんですか?」ってことですが、最初はとりあえず〜3,000円くらいの安いレギンスで十分だと思います

僕は2,000円くらいで買った安いレギンスをかれこれ4年近く穿いていますw

参戦頻度にもよりますが、ライブやフェスの時だけ穿くのであればまぁまぁもちます。

いきなり高いレギンスを買っても「そもそも『レギンス』ってものが俺には合わない!」ってなったらもったいないですから、最初は安いレギンスで参戦してみませんか?

レギンス穿くならハーフパンツも合わせて準備!

レギンスだけ穿いて夏フェス参戦…しないですよね。

と、言うことで、レギンス参戦の準備をするならハーフパンツも一緒に揃えてしまったほうがいいと思います。

特別おすすめなハーフパンツはありませんが、パッと頭に浮かぶのは「DICKIES」ですかね。

ただ、ややいい値段するので、ハーフパンツはGUスポーツで済ませるという手もあります。

お財布と喧嘩しないように相談してみてください!

よっしーのひとこと

よっひー

そうそう、夏フェス装備はバッグも含めて「服装」です!

夏フェスやライブに持って行っても疲れにくいカッコいいバッグの用意も忘れずに!

ではまた。